« 2013年7月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月25日 (水)

右翼と左翼

『右翼』と『左翼』って何なんだろうって考えた。

「平和を愛する諸国民の公正と信義」を信頼出来ると思うのが『左翼』で
そんなもの信頼できないというのが『右翼』なのかなぁと思った。

この点について、現状では『信頼できない』と云う方を僕は支持するが
『信頼できる』世の中に向かわせるためにどうすればいいのかについて
持論を持たない、もしくは持つ知恵のない『右翼』は哀れだと思う。
何故なら、それは、戦争以外の解決策を見出せないと云う事に他ならないから。

ついでに言っときたいのは、どんなに軍事力を強化したとしても
シーレーンを守りきることはまず不可能だし、どれだけのコストがかかるか判らない。
軍隊なんて石油がなければ鉄クズなのだから
軍事力強化より先に、自前のエネルギー開発に力を注ぐべきだと思う。

本気で抑止力が必要だと考えるなら
核弾頭を積める原潜を5~6隻は作るぐらいの覚悟が必要だと思う。
積んでいるや否やは秘中の秘と云う事にして・・・・。


『左翼』は左翼で、何をどうしたいのかイマイチわからない。

たとえば、沖縄の米軍基地は、僕も無い方がいいだろうと思うけれど
米軍が撤退すれば中国が進出して中国軍の基地を作るだろうと云うのが
地政学的な常識らしいわけで、僕はその地政学と云うのを信じた方がいいと思っている。
結局、地政学的に軍事基地を置く必要がなくなるような世界環境を創出しない限り
どこの国の基地にせよ、どこかの国の基地が沖縄には在り続けるらしい。

だから、基地反対を叫ぶことより、やるべき事が他にあるのだろうと思う。
それが何なのかを明快に説いてくれる『思想家』はいないのかなぁ?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年10月 »